知ってて得する!補助金 助成金 給付金 融資の違い

新型コロナウイルス感染症の影響により様々な経済支援策として補助金や助成金や給付金、融資に関する情報が多く出ています。実はこれらの支援策、微妙に中身が違います。今回はそんな違いを比較しながら解説します。ポイントを押さえておくだけで資金繰りも楽になるので要チェックです。

補助金とは何か?

国が事業者に対して事業を補助するための資金です。審査ありきの資金で補助率などが設定されていて、何に対してどういう目的でいくら使用するのかなどが明確に決められているものになります。
補助金は先に事業で使った資金に対して補助されるものになるので、基本的に後払いです。提出に必要な書類も多く、初めて補助金の手続きをする人は難しいと感じる人が多いと思います。

まとめると以下の通りです。

補助金の特徴
対象者:事業者
審査:有
交付時期:後払い
提出必要書類:多
申請難易度:そこそこ高い
その他特徴:使用用途は限られている(設定されている)

助成金とは何か?

国や地方自治体が事業者を対象に事業支援のために交付する資金です。一定の条件が設けられていますが、審査はゆるく、条件にさえ当てはまっていれば貰える確率が高い資金です。補助金と同様、助成金の交付も基本的に後払いです。必要書類は助成金によって異なりますが、準備物は多いです。

まとめると以下の通りです。

助成金の特徴
対象者:事業者
審査:有(ゆるい)
交付時期:後払い
提出必要書類:多
申請難易度:低い(手続きが面倒)
その他特徴:社会保険労務士が書類の手続きサポートしてくれることが多い

給付金とは何か?

国や地方自治体が事業者を含めた一般の人々を対象に交付される資金です。条件にさえ当てはまっていれば誰でも貰える資金と思ってもらってOKです。書類手続きも簡易な物が多く、使用用途にも特段指定が無いことが多いです。

まとめると以下の通りです。

給付金の特徴
対象者:誰でも
審査:ほぼ無
交付時期:先払い
提出必要書類:少
申請難易度:低い
その他特徴:用途は自由

融資とは何か?

国や金融機関が事業者を対象に利子付きで貸付する資金です。ある一定の条件を満たし、必要書類を準備し、審査に通れば貸してもらえるお金になります。基本的に返済義務が生じるお金になるので注意が必要です。審査難易度も高いので、しっかりと準備をしてから申請するものになります。
まとめると以下の通りです。

融資の特徴
対象者:事業者
審査:有
交付時期:審査後約1ヶ月後
提出必要書類:多
申請難易度:高
その他特徴:返済義務がある

まとめ

融資は返済義務が生じますが、補助金・助成金・給付金は返済義務がなく、基本的に貰えるお金です。しかし不正受給には厳しく、意図的な不正受給を行うと厳罰があります。各制度を正しく理解し、自身の条件にあった経済支援策は積極的に利用するようにしましょう。


独立・開業に必要な資金調達を徹底サポート!
資金調達支援サービス

事業案の相談から事業計画書の作成や金融機関との面談の練習まで、資金調達に必要なあらゆる面を独立支援.comが徹底サポートします。