国から追加補助金の可能性大?!新型コロナウイルス感染症対策追加補助金

新型コロナウイルスの感染拡大に伴った緊急事態宣言の延長を受けて、政府が小規模事業者やフリーランスを含む個人事業主を対象に追加の補助金を検討しています。

2020年5月1日に出た「持続化補助金」制度を拡充し、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を中心に最大150万円を上限に補正予算を組んで補助する方針で具体的な検討が進んでいます。

これさえ押さえれば必ず貰える!新型コロナウイルス感染症に関する持続化給付金制度!

政府は5月中に補正予算案を出す意向を示しており、早ければ翌月の6月から追加の補助金を小規模事業者やフリーランスを含む個人事業主を対象に支援していくかもしれません。

まだ具体的な対象者や補助金の計算方法は出ていませんが、準備物だけは想定できるものは今のうちから準備しておきましょう。

独立支援.com的には

準備物予想
前年度の確定申告書(法人・個人事業)
事業に関する許可証(法人・個人事業)
売上減少の対象にする月の売上台帳(法人・個人事業)
身分証明書(法人・個人事業)
振込希望先の口座情報(法人・個人事業)
法人事業概況説明書(法人)
前年度の決算書(法人)
履歴事項全部証明書(法人)

の準備物は用意しておけばある程度素早く手続きができると思うので、5月中に準備できるものはしておきましょう!


独立・開業に必要な資金調達を徹底サポート!
資金調達支援サービス

事業案の相談から事業計画書の作成や金融機関との面談の練習まで、資金調達に必要なあらゆる面を独立支援.comが徹底サポートします。